ワーホリで週10万稼げた理由(オーストラリア)

英語力も生活力もゼロのちゃらんぽらんがワーホリでビザ申請から語学学校、ファーム、ファクトリーで働きセカンド取得などを経験し、役に立つと思った情報をシェアするブログ

メルボルンで宿泊!!

こんにちは!!

きょうはワーホリ初日!

オーストラリア1日目から!!

初海外やのに何にも準備していかなかった

英語力0.1くらいの超人見知りだったぼくの行動を書いていきたいと思います。

 

 

ついに到着、、

 

関西空港メルボルンの直通がなかったため

関西空港ケアンズケアンズメルボルン

の順で来たのですが、

そのケアンズでわたくし、ベタにやらかしてしまいました。

 

そう、乗り遅れました、、、

いや!!だっておかしくないですか!!

にほんでの出発時間は日本時間やのにケアンズ出発は急にオーストラリア時間で表記されてるんですよ!!

 

まあ95%くらいはぼくのせいなのですが、

ケアンズに取り残された英語力0.1の自分はとりあえずどうするべきか

だれか日本人に聞こうとおもいました。

 

しかし、日本人ぽい人はいるのですが、

日本語を話し始めるまでは日本人かどうかわかりません。(びびりすぎ)

 

と、もう英語でスタッフに聞いてみようか考えていたところ

奇跡がおきました!!

 

なんと!!

 

結構な知り合いに会いました(笑)

なんとおんなじ便でケアンズまできていました。(笑)

 

その人たちに教えてもらってチェックインのところまで戻ったのですが、

 

やばい、、

乗り遅れたってなんていうんやろ、、、

うーん、、

 

そうや!!

時計が壊れたふりしよう!!

 

そこからはスタッフに向かってひたすら

 

ウォッチ!!

ウォッチ!!

と言いながら時計とチケットを見せ続けました。

何とか伝わり、無事に再購入できました。(50ドルとられました、、)

 

メルボルン到着!!

 

メルボルンについて

まずは今日泊まるところ探さないといけません。

予約くらいしとけばいいのに(笑)

 

当時メルボルンといえば、FLINDERS駅となぜか思っていたので

FLINDERS BACKPACKERS

というバックパッカーに泊まりました。

英語で予約を取るのに苦労しそうやなぁ、、

と思ったのですが、受付も英語が話せない人に慣れているせいか

意外とすんなり取れました。

4人部屋、6人部屋、10人部屋などあったのでもちろん4人部屋をえらび

10日間分とっておきました。

一泊35ドルくらいだったと思います。

 

メルボルンバックパッカー事情

 

さて、ぼくが最初に泊まったバックパッカー

4人部屋で二段ベッドが2つ、それぞれの部屋にあり、

それぞれの階に一つずつ男女のトイレ、シャワールームがある

といった感じなのですが、

 

ぼくは空いていた2段ベッドの上を使っており、

ぼくの下がオーストラリア人のおっちゃん、

もう一つのベッドはイギリス人の若いおねーちゃん2人、

2人は友だちどうしでした。

とてつもなくかわいかったです、はい。

ただ、ぼくの経験上、

イギリス人にはゆっくりしゃべれる人が1人もいないらしく

ひとことも理解できませんでした。

(トライはしました。(笑))

 

そしてもう1人のオーストラリア人のおっちゃん

工事現場で働いており、

とっても親切な方でした。

本当にめちゃくちゃ親切でした、、、

 

とってもゆっくり話してくれて

「オーストラリアでは人に会ったらG’day mate(ぐだい まいと みたいな発音)

ていうんだぞ!!そしたら相手はNo Worries mateって返すんだぞ!!」

的なことを、理解できないぼくに20回くらい

繰り返してくれたり、

洗濯の洗剤を貸してくれたり、

自分の乳首を触りながらぼくのおしりを触り、かわいいね、、

とつぶやいてくれたり、

 

 

(笑)(笑)

そう、

そのひと、積極的なゲイの方でした。

 

その人のボディタッチは日に日に激しくなり、

こっそり部屋を変えてもらいました。(笑)

 

 

今となってはそんなこともぼくのネタとして役立っているわけですが

真面目に言わせてもらうと、

こういうことがバックパッカーのリスクだとおもいます。

 

特に日本人の女性は

押せばイケる

みたいに思われていることも多いので、

本当に気を付けてほしいです。

 

あとは英語を話せない場合は

みんなで楽しい時間を過ごしていると思ったら実は

ずっと英語で悪口をいわれていた。

 

とか

 

下の段でカップルが行為をしておりまったく眠れなかった。

 

とか、

 

においがものすごい人と一緒の部屋になっていまでも私物がにおう

 

とか

友達から聞くので

やはりもっと深刻な犯罪に巻き込まれることも実際起きていると思います。

 

結局どこに泊まればいいの?

 

本当に人によると思います。

 

お金に余裕がある人はホテルに泊まればいいと思いますが、

正直ホテルはめちゃくちゃ高いです。

あと英語が伸びることもありません。

 

自己防衛に自信がある、

汚いとか気にしない、

安ければ安いほどいい、

という人は、バックパッカーがいいと思います。

バックパッカーならFLINDERS BACKPACKERS おすすめです。

もちろんバックパッカーの中ではいいほうという意味です。

 

個人的に1番おすすめなのは、

Airbnb です.

bnbは民泊のアプリで、個人で部屋を貸している人に

アプリを通してコンタクトできます。

きめるまえにオーナーに質問できたり、オーナーが何人で何語を話せるか

などの情報を確認できるのでとても便利です。

 

実は僕1部屋貸しており(宣伝失礼します(笑))

シティ内のマンションでもちろんフリートラムゾーン内。

メルボルン図書館、ビクトリアマーケット、メルボルンセントラル駅に5分以内で行け

51階で絶景

ぼくが日本語でいろいろ情報をシェアできますし、

彼女が日本のかたではないので、英語環境です。

興味のある方はぜひ!!

ぼくのへや

abnb.me

ぼくのアドレス 

ju_bbtravel@yahoo.co.jp

 

まとめ

つまりメルボルンでどこに泊まるべきかというと

ぼくの家

です。

 

もちろん冗談ですが、

Airbnbが本当におすすめです!!

ではまた次回!!

 

なぜか写真が貼れない。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする